AERO QUEEN & AERO ACE



AERO QUEEN & AERO ACE

大型観光・高速路線バスにとって、2017年は大きな節目の年となるでしょう。従来では考え難いとされてきた「全車AMT搭載」という壮大なプロジェクト。これにより、大型バスの常識はダイナミックに革新されました。さらに、バスにとって最も重要な安全性能を格段に磨き上げ、環境性能も極めて厳しい平成28年排出ガス規制に適合。三菱ふそうのフラッグシップバス、新型エアロクイーン&エアロエースが踏み出す未知なる一歩。それは、大型バスの歴史を塗り替える大きな進化に他なりません。

AERO QUEEN & AERO ACE

経済性

滑らかさな発進に加えて、加速を生むAMT制御によりドライバーによる燃費のばらつきを抑制。小排気量エンジン&新型8速AMT「ShiftPilot」とのベストマッチにより、卓越した低燃費、高度な環境適合性を実現しました。

 

 

 

file

  

ShiftPilot

AMTならではのスムーズで快適な操作性を実現し、安全運転にも貢献する「ShiftPilot」燃費や登坂性に合わせた最適なギヤ段の選択に加え、小排気量エンジン、低ファイナルギヤとのマッチングにより、燃費性能は大きくアップ。この新型8速AMTより、大型バスのクルージング性能はダイナミックな進化を遂げます。

file

  

8つの先進ポイント

 

 

1. きわめてスムーズな変速が、優れたドライビング感覚、

乗客のさらなる心地良さを実現



3. 燃費、ドライバビリティの双方を加味した、

最適なギヤ段の選択 



5. 加速性を高めるキックダウン機能



7. 坂道発進を容易にする

2. クラッチペダルレス(2ペダル)の快適・安全なイージードライブ 



4. 3つの走行モード「オートモード」「ダイナミックモード」「マニュアルモード」を容易に選択可能 



6. 微速走行を可能にするクリープ機能



8. AMTの操作を統合したマルチファンクションレバー


  

新型エンジン・6S10

小幅な小排気量化、軽量化を果たしながら、大きなエンジン回転レンジ、先進の2ステージターボ、高圧コモンレールシステムなどの導入により、ストレスフリーな加速性、力強い動力性能を獲得。さらにISS(アイドリングストップ&スタートシステム)も採用し、いっそうの燃費向上も達成。大型バスに求められるあらゆる性能を、高度なレベルで実現しました。

 

file

  

4つの先進ポイント

 

1. エンジンダウンサイジングで、乗車定員増にも寄与

  • 小排気量化:7.7L (対6R10: 12.8L) 
  • 軽量化:約540kg低減(対6R10)

 

2. 小排気ガス量でありながら、力強い動力性能を獲得

  • 2ステージターボチャージャー
  • 高圧コモンレールシステム

 


3. さらなる低燃費を実現

  • 高NOx浄化率処理装置(DPF+SCR)
    新AdBlue®噴射装置(リキッドオンリー)
  • ISS (アイドリングスラップ&スタートシステム)

 

4. 高度の信頼性

  • 2012年末より欧州で展開され、

    約3年半の実績


file