閉じる

三菱ふそうトラック・バス株式会社

プレス リリース

高速道路での後続有人隊列走行実証実験に参加

2018年1月23日 

  • 複数のトラック製造者が共同開発したCACCを用い、異なるトラック製造者が製造したトラックによる後続有人隊列走行の実証実験は世界初の試み
  • 隊列走行により排出ガス削減、ドライバー不足解消を目指す

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、以下 MFTBC)は、1月23日より新東名高速道路の浜松サービスエリアから遠州森町パーキングエリア間にてトラックの後続有人隊列走行実験を開始します。

当実証実験は政府が進めるの「未来投資戦略2017」の、高速道路でのトラック隊列走行の商業化を目指す取り組みの一環です。隊列走行により空気抵抗を減少することでCO2排出量の削減効果があり、またドライバー不足の対策として有効です。MFTBCは他国内トラックメーカーと経済産業省、国土交通省の当プロジェクトに参画し、高速道路での隊列走行の実現を目指します。

同実験は、車車間通信システムを介し、先行車の加減速制御情報を取得することで車間距離を一定に保つCACC(Cooperative Adaptive Cruise Control:協調型車間距離維持支援システム)技術を使用しています。複数のトラック製造者が共同開発したCACCを用いた、異なるトラック製造者が製造したトラックによる後続有人隊列走行の実証実験は世界初の試みになります。
1月23日から1月25日には新東名高速道路、1月30日から2月1日には北関東自動車道にて実証実験を行います。

file
実証実験に参加した新型大型トラック「スーパーグレート」

MFTBCの自動運転技術について

今回実験に参加する車両は、2017年5月に発表した新型大型トラック「スーパーグレート」に、車車間通信装置とプロトタイプのECUを搭載しました。
「スーパーグレート」には、ミリ波レーダーにより先行車との車間距離を一定に保つ車間距離保持機能付きクルーズコントロールに加え、自動発進・停止が可能なプロキシミティー・コントロール・アシストを採用しています。(一部グレードを除く)

ダイムラートラック部門の自動運転技術について

ダイムラーのトラック部門は、2025年に自動運転技術の実用化を目指し、2014年に世界に先駆けて自動運転機能を搭載したコンセプトモデル「Mercedes-Benz Future Truck 2025」を発表しました。2015年には車体に搭載されるカメラ及びミリ波レーダー等を用いて周囲の状況を検出し運転操作を行う自動運転技術「ハイウェイ・パイロット」システムをドイツで発表、2016年にはオランダ政府主導の自動運転トラックの隊列走行実験「Europian European Truck Platooning Challenge」に参加し、ドイツとオランダの公道を大型トラック3台による隊列走行実証実験を行いました。
また、2015年に米国・ネバダ州でフレートライナーブランドの大型トレーラー「Freightliner Inspiration Truck」が世界で初めての自動運転トラックとして公道走行のナンバープレートを取得、アメリカで初めて公道での自動運転トラックの隊列走行を行いました。米国の公道での自動運転車の隊列走行実験は世界で初の試みです。
引き続き、2018年には同国オレゴン州とネバダ州の高速道路にて同トラックを使用した隊列走行実験を計画しています。

Follow us on social media:

https://www.facebook.com/FusoOfficial
http://www.youtube.com/Fusoofficial

SHARE ON SOCIAL MEDIA

閉じる