閉じる

三菱ふそうトラック・バス株式会社

プレス リリース

ダイムラー・トラック・アジア部門役員人事

2018年9月14日

  • ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ(DICV)のエリック・ネッセルハウフCEOの後任にサティヤカーム・アーリャが就任
  • アーリャ氏は新CEOとしてダイムラーのインド市場向け商用車ブランド、バーラト・ベンツを率いるとともに強力なシェアを持つ輸出モデルの生産を統括

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック 以下 MFTBC)とダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社(以下 DICV)が協業を行うダイムラー・トラック・アジア(以下 DTA)は、DICVのエリック・ネッセルハウフ最高経営責任者(CEO)の後任に、サティヤカーム・アーリャを起用する人事を発表しました。アーリャ氏は2018年11月1日付でCEOに就任します。

アーリャ氏は2009年、パワートレイン調達部門の責任者としてDICVに入社。その後、グローバル調達部門の副社長に昇進しました。2014年、DTAのグローバル調達部門のトップとしてMFTBCに異動。2017年、DTAのカスタマーサービス部門の責任者となり、ふそうの部品セールスとサービス事業を国内外で効率的に成長させました。

ネッセルハウフ氏は、2018年10月1日付でダイムラー・トラック部門の生産技術部門の責任者に就任します。同氏はDICVで約10年勤務し、戦略的成長市場の1つであるインドにおけるダイムラー・トラックの事業確立に尽力しました。

アーリャ氏はDICVの新CEOとして、インドで拡大するトラック・バス市場で急成長を遂げるダイムラーのインド市場向け商用車ブランド、バーラト・ベンツを率います。DICVはバーラト・ベンツブランドの製造・販売に加え、MFTBCのFUSOブランドトラックの完成車とノックダウン(KD)キットの製造を行なっています。

「サティヤカーム・アーリャの就任により、インドにおいてDICVを次のレベルに引き上げ、バーラト・ベンツを確固たる地位に導くことができると確信しています。彼の熱意、経験、知識と実績は、同氏がDICVのリーダーにふさわしい人物であることを証明しています」(MFTBC CEO兼DTA代表ハートムット・シック)

国内・海外カスタマーサービスを率いてきたアーリャ氏の退任後、MFTBCのカスタマーサービス部門と販売部門を再編します。今後、国内カスタマーサービス部門は営業部門と単一の組織になります。また、海外カスタマーサービスと海外向けの販売は、副社長兼セールス・カスタマー本部長のミヒャエル・カンパーが統括します。この新組織により、より効率的で上質なサービスと商品を一貫してお客様に提供していきます。

ダイムラー・トラック・アジア(DTA)の概要

ダイムラー・トラック・アジア (DTA)は80年以上の歴史を誇る三菱ふそうトラック・バス株式会社と、インド市場で躍進的な成長を続ける新会社ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社が共同で事業を行う組織です。DTAは製品開発、生産、輸出、調達、研究活動を共同で行い、お客様にとって価値ある製品とサービスを提供する戦略的なビジネスモデルを推進しています。

Follow us on social media:

https://www.facebook.com/FusoOfficial
http://www.youtube.com/Fusoofficial

SHARE ON SOCIAL MEDIA

閉じる