閉じる

三菱ふそうトラック・バス株式会社

プレス リリース

中型トラック「ファイター」に4気筒エンジン搭載モデルを追加発売

2018年8月27日 

  • 新型4気筒エンジン「4V20」型を開発
  • 車両総重量8tクラストップの積載量を確保
  • 平成27年度重量車燃費基準+5%達成

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、中型トラック「ファイター」に新型4気筒エンジン「4V20」型搭載モデルを追加設定し、全国の三菱ふそう販売会社及び三菱ふそう地域販売部門にて8月より販売を開始します。

中型トラック「ファイター」4気筒エンジン搭載モデルは、平成28年排出ガス規制に適合するとともに、平成27年度重量車燃費基準+5%を達成しています。6気筒エンジン(6M60型)搭載車に対し、最大約300kg重量を軽減したことで、車両総重量クラストップの積載量を確保しました。特に一般道主体の走行形態においては、優れた燃費性能と高積載で高い輸送効率を実現しました。
準中型免許対応(車両総重量7.5t)車についても、仮眠やリクライニングが可能となるフルキャブ、大型トラック同等のボデー幅が搭載可能な広幅キャブも設定しました。また、精密機械や生鮮食品の輸送に適したエアサス仕様車を設定し、お客様のビジネスをサポートします。

ふそう中型トラックは、1964年に国内で初めての本格4トンキャブオーバータイプ「T620」型を発売以来、常に市場動向及びお客様のニーズに応えるべく改良を重ねてきました。今般、現行のゆとりのある6気筒エンジンに加え、高い経済性を確保した4気筒エンジン車両をラインナップに追加することで、幅広いビジネスシーンに合わせたトラックを提供します。

file
中型トラック「ファイター」2018年モデル(イメージ)

中型トラック「ファイター」4気筒エンジン搭載モデルの特長

  • 平成28年排出ガス規制に適合
  • 平成27年度重量車燃費基準+5%達成
  • 6気筒エンジン(6M60型)搭載車に対し、最大約300kgの重量軽減
  • クラストップの積載量を確保(車両総重量8t)
  • 準中型免許車両対応(車両総重量7.5t)車で、フルキャブ、広幅キャブ、エアサス仕様を提供
  • 発進性を高める「ふそうローンチアシスト」を標準搭載
       発進時にエンジン回転数をアップし、発進をサポートします。発進後は通常回転に戻ります。

「4V20」型エンジンスペック

型式 4V20
総排気量 3.9L
ボアxストローク φ104 x 115mm
最高出力 125kW
最大トルク 520Nm
バルブシステム 4弁-OHV
燃料噴射システム コモンレールシステム(180Mpa)
ターボチャージャー ウエストゲート付きターボチャージャー
EGRシステム クールドEGR
排気ガス後処理装置 BlueTecRシステム(DPF+SCR)
file
4V20型エンジン

車両スペック及び東京地区販売価格 (消費税含む:税率8%)

車型 エンジン トランス
ミッション
主な仕様 価格(千円)
2PG- FK71NJ
4V20型
125kW(170PS)
6速MT GVW8t、カーゴシャシ、
ショートキャブ、リーフサス
7,295.4
file
2PG-FK71NJ(撮影用特別仕様車)

Follow us on social media:

https://www.facebook.com/FusoOfficial
http://www.youtube.com/Fusoofficial

SHARE ON SOCIAL MEDIA

閉じる