閉じる

三菱ふそうトラック・バス株式会社

プレス リリース

新たな「トレーニングセンター」を川崎工場に開設

2019年2月6日 

  • 「ふそうアカデミー」のトレーニング網を5拠点に拡大
  • 全国の営業・アフターサービスおよびメカニックのトレーニング受講の移動時間を短縮
  • 部署や役割に関わらず全従業員がトレーニングコースの受講可能

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、 以下 MFTBC)は、商用車業界を未来へと導くというビジョンに沿い、新たに川崎工場敷地内にトレーニングセンターを新設しました。これにより、全国計5カ所のトレーニングセンター網が発足します。

MFTBCには、「ふそうアカデミー」の名称にて整備・販売の社内教育機関があります。喜連川(栃木県さくら市)と大阪の当初2カ所のトレーニングセンターに加え、2018年に新たに下関と仙台に2カ所、そして今年1月に川崎工場内に5つ目のトレーニングセンターを開設しました。新たなトレーニングセンターには、最新のITシステム完備の教室や実技演習のための研修室などが含まれます。

トレーニング網の拡充により、全国の販売部門スタッフが受講できるトレーニングの総数が80から120に拡大します。トレーニングセンターの新たなネットワークにより、全国のスタッフが必須となっているトレーニングや技能開発コースの受講に必要な移動時間を短縮し、販売部門スタッフの仕事と生活のバランスを改善するとともに、お客様のニーズを満たすための時間を創出します。

さらにトレーニングコースは2019年内に、役割や部署に関係なく全従業員の受講が可能になります。年内に、オンラインでの登録システムを立ち上げ、全従業員へ受講を推進します。
製品知識の学習と取得の機会を全従業員に提供することで、カスタマーサービスとよりよい製品の開発能力を強化します。

file
川崎工場の新たなトレーニングセンターの様子 (左:教室/ 右:中央管理予約システム画面)

Follow us on social media:

https://www.facebook.com/FusoOfficial
http://www.youtube.com/Fusoofficial

SHARE ON SOCIAL MEDIA

閉じる