閉じる

三菱ふそうトラック・バス株式会社

プレス リリース

三菱ふそう

中型トラック「ファイター」2019年モデルを発売

2019年9月26日

  • 様々なシーンを想定した先進安全装置を中型トラックに新規搭載し、安全運転のニーズに対応
  • テレマティクス機能「トラックコネクト」を中型トラックにも搭載、運行効率化を実現
  • 従来の4気筒及び6気筒の2エンジンによる充実した車種ラインアップに快適性を向上
  • 高度な車載式故障診断装置規制(J-OBD II)に対応

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO ハートムット・シック、以下MFTBC)は、先進安全装置とテレマティクス機能を新たに搭載し、慢性的なドライバー不足に伴う安全装置や運行効率化といった市場ニーズに対応した中型トラック「ファイター®」*の2019年モデルを発表、全国の三菱ふそう販売会社及び三菱ふそう地域販売部門にて9月より販売を開始しました。

4気筒および6気筒エンジンの2エンジンタイプを展開する中型トラック「ファイター」2019年モデルは、様々なシーンを想定した先進安全装置を新規導入し、安全運転のサポート機能を大幅に強化しました。「ファイター」2019年モデルに新たに搭載された先進安全装置「アクティブ・サイドガード・アシスト (Active Sideguard Assist™) (1) (※オプション展開)」は、走行中に車両左側の歩行者や車両をレーダーが感知し、左操舵または左折ウインカー操作に入ると警報音でドライバーに警告し、左折時の巻き込み事故やレーンチェンジ時の危険性を抑制します。くわえて、高精度ミリ波レーダーを通じて車両を検知しブレーキを自動作動する衝突被害軽減ブレーキ「AMB® plus(エーエムビープラス)(2)」、車両姿勢を検知し、カーブでの横滑り、横転等の危険性が生じた場合、車両の安定性を制御する「車両安定性制御装置(Electronic Stability Program:ESP®(3)」、運転注意力モニターの機能と車線逸脱警報システム(LDWS:Lane Departure Warning System)を通じて必要な警告を行う安全装置「アテンション・アシスト」を搭載し、安全性能を大幅に改良したトラックを提供します。

さらに、「ファイター」2019年モデルは大型トラック「スーパーグレート」や電気小型トラック「eCanter」ですでに導入しているMFTBC独自のテレマティクス機能「Truckonnect®(トラックコネクト)(4)」を中型トラックにも搭載し、運行効率化へのニーズにも対応しました。トラックコネクトデバイスやデジタルタコグラフ等から得られた車両データを用いて車両を遠隔管理する「トラックコネクト」は、車両の位置情報や燃費、遠隔診断を通じた故障の検知などをリアルタイムで確認できます。トラックから送信される車両情報はMFTBCのカスタマー・アシスタンス・センターへ24時間体制で通知され、車両の運行効率化とお客様のさらなるビジネス効率化をサポートします。

くわえて、「ファイター」2019年モデルはドライバーの快適性もさらに改良しました。視線を動かすことなく手元の感覚で様々なオペレーションが可能になる「ステアリングスイッチ」、リアルタイムで燃費を確認できる「マルチファンクションモニター」、Bluetooth®(5)対応のAM/FMラジオも装備しているほか、運転席シートヒーター(6)を設定しています。

MFTBCの中型トラックは、市場動向ならびにお客様のニーズに対応すべくこれまで改良を重ねてきました。先進安全装置とコネクティビティを搭載した「ファイター」2019年モデルの提供を通じ、さらなるお客様のビジネス効率化に貢献します。

*「ファイター®」は三菱ふそうトラック・バス株式会社の登録商標です。

(1) 「Active Sideguard Assist™」は三菱ふそうトラック・バス株式会社の商標です。

(2) 「AMB®」は三菱ふそうトラック・バス株式会社の登録商標です。

(3) 「車両安定性制御装置(Electronic Stability Program:ESP®」はDaimler AGの登録商標です。

(4) 「Truckonnect®」は三菱ふそうトラック・バス株式会社の登録商標です。トラックコネクトは別途サービスへのお申込みが必要になります。

(5) 「Bluetooth®」は、Bluetooth SIG.Inc.の商標または登録商標です。

(6) 運転席シートヒーターはプレミアムラインでの設定となります。

「ファイター」2019年モデル(撮影用特別仕様車)

「ファイター」2019年モデル(撮影用特別仕様車)
ファイター2019年モデル

■「ファイター」2019年モデルの主な特徴:新たに導入した先進安全装置とテレマティクス機能

アクティブ・サイドガード・アシスト (ASA: Active Sideguard Assist™)*

左死角に隠れた危険を警告する安全装置です。ドライバーにとって死角となる箇所をレーダーによりモニタリングし注意を促すとともに、左側方向指示器の作動時やステアリング操作時に警報音とランプで警告します。

※「アクティブ・サイドガード・アシスト」はオプション設定となります。

*「Active Sideguard Assist™」は三菱ふそうトラック・バス株式会社の商標です。

アクティブ・サイドガード・アシスト

衝突被害軽減ブレーキ (AMB® plus:エーエムビープラス)*

前方に走行中または停止中の車両があり、高精度ミリ波レーダーが衝突の危険を察知すると、警告や自動ブレーキによって衝突被害を軽減します。

※作動には一定の条件があります。

*「AMB®」は三菱ふそうトラック・バス株式会社の登録商標です。

AMB plus

車両安定性制御装置 (ESP®:Electronic Stability Program)*

車両姿勢を常にセンサーにて感知し、カーブでの横滑り、横転等の危険性が生じた場合、エンジン出力や4輪のブレーキ力を最適に制御し、危険回避をサポートします。

*「車両安定性制御装置(Electronic Stability Program:ESPR」はDaimler AGの登録商標です。

ESP

アテンション・アシスト

運転注意力モニターの機能と車線逸脱警報システム(LDWS)を搭載した安全装置です。高速道路等で車両が車線を逸脱した場合のほか、ドライバーの注意力を監視して必要な時に最適な警告を行うことで予防安全性を高めます。

※各安全装備は、作動条件があります。また、道路状況および天候状態等によっては作動しない場合があります。

Attention Assist

「Truckonnect®(トラックコネクト)」*

稼働中のリアルタイムなトラックの情報をお客様のPC端末でチェックできるサービスです。車両の現在位置・稼働経路、そして万が一の車両の故障時などのトラブルを確認できるとともに、ドライバーの安全運転の状況もリアルタイムで把握することが可能となります。また、デジタルタコグラフの基本項目も確認することができ、燃費状況も含めた業務効率化を図れます。

※要別途トラックコネクトサービスへのお申し込み

*「Truckonnect®」は三菱ふそうトラック・バス株式会社の登録商標です。

truckonnect

車両スペック及び東京地区販売価格(消費税含む:税率8%)

車型

エンジン

トランスミッション

主な仕様

東京地区販売価格(消費税含む:税率8%)

価格(千円)

2KG-FK62FK

6M60(T4)型

162kW(220PS)

6速MT

GVW 8t、平ボデー完成車

フルキャブ、リーフサス

8,948.88

Follow us on social media:

https://www.facebook.com/FusoOfficial
http://www.youtube.com/Fusoofficial

SHARE ON SOCIAL MEDIA

閉じる