閉じる

三菱ふそうトラック・バス株式会社

プレス リリース

燃料電池小型トラックコンセプトモデル「Vision F-CELL」を
第46回東京モーターショー2019にて発表

2019年10月23日

・燃料電池小型トラックコンセプトモデル「Vision F-CELL」を世界初公開
・最先端の運転支援技術搭載大型トラック「スーパーグレート」を世界初公開
・グッドデザイン賞受賞の大型観光バス「エアロクィーン」を展示
・最新の安全機能を搭載した小型バス「ローザ」を展示

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、2019年10月24日(木)から11月4日(月・祝)まで一般公開される第46回東京モーターショー2019に出展します。当社ブースでは燃料電池小型トラックのコンセプトモデル「Vision F-CELL」を世界初公開し、また商用車としては日本初の発表となるSAEレベル2相当の高度運転支援技術を搭載した大型トラック「スーパーグレート」、そして屋外展示車両を含む計5台を展示します。

出展概要

1.燃料電池小型トラック「Vision F-CELL」 (世界初公開:参考出品車)

Vision F-CELL」は、燃料電池のパワーを使用して航続距離の制限を解決し、電動技術をより広範なアプリケーションに適したものにする電気トラックの将来の展望を表すコンセプトモデルです。

MFTBCは2017年に量産型の小型電気トラック「eCanter」を発表して以来、現在日本、ヨーロッパ、北米で140台以上の車両が稼働しています。バッテリー式電気自動車の開発と販売を継続しながら、バッテリー式電気を超える技術、または電動技術に基づいた新たな技術の開発を模索し続けていきます。

file

2. 大型トラック「スーパーグレート」2019年モデル (世界初公開:市販車)

日本で初めてSAE*レベル2相当の高度運転支援機能を備えた、国内商用車市場で初めての大型トラックです。ステアリング、アクセル、ブレーキの制御をサポートし、ドライバーを支援する技術を搭載することで、ドライバーの負担を軽減し安全運転をサポートします。
*SAE(米国自動車技術会)

file

展示車主要諸元
■スーパーグレート 2019年モデル
●車両型式:FU74HUZ2XVC
●エンジン型式:6R20(T2)
●エンジン排気量:10.7L
●エンジン最高出力:290kW(394PS )/1,600rpm
●エンジン最大トルク:2,000N・m(204kgf・m)/1,100rpm
●トランスミッション:12段ShiftPilot
●サスペンション:リヤエアサス
●乗車定員:2名

3. 大型観光バス「エアロクィーン」 2019年モデル(市販車)

国内大型観光バスでは初となる、ドライバーの死角となる左側方を監視し安全運転を支援する「アクティブ・サイドガード・アシスト」や、ドライバーに異常が発生した場合に車両を自動で停止する「ドライバー異常時対応システム」、歩行者検知機能を付加した衝突被害軽減ブレーキ「アクティブ・ブレーキ・アシスト4(ABA®4)」、ドライバーの視認性を高めるLEDヘッドランプを全車標準装備するなど安全装備を充実し、安全運転の支援機能を向上しました。また、コネクト技術の「バスコネクト®(BusConnect®)」により、稼働中のバスのリアルタイムな情報(車両位置・軌跡、安全運転、燃費等)を、遠隔の運行管理者へ提供します。また、ドライバー異常時対応システムやアクティブ・ブレーキ・アシスト4(2次制動)作動時には運行管理者へ緊急連絡する等、24時間体制でモニタリングする機能を搭載しました。また、新しいふそうのデザインアイデンティティーを踏襲したデザインが評価され、2019年のグッドデザイン賞を受賞しました。
*バスコネクト®、BusConnect®はMFTBCの登録商標です。

file

展示車主要諸元
■エアロクィーン(大型観光バス)
●車両型式: MS06GP(QUBV)
●エンジン型式:6S10(T2)
●エンジン排気量:7.7L
●エンジン最高出力:280kw(381ps)/2,200rpm
●エンジン最大トルク:1,400N・m(143kgf・m)/1,200~1,600 rpm
●トランスミッション:8段ShiftPilot
●乗客数:11列57名(座席:45+補助席:10+乗務員:2)

4. 小型バス「ローザ」 2019年モデル(市販車・観光仕様)

「衝突被害軽減ブレーキ(Advanced Emergency Braking System:AEBS」、「車両安定性制御装置(Electronic Stability Program:ESP®」、そしてさらに「車両車線逸脱警報装置(Lane Departure Warning System:LDWS)」といった先進安全技術を搭載。展示する観光仕様は、小規模な観光客グループの輸送需要の高まりに応え、より多くの荷物と乗客スペースを確保することで高級感のある内装と大きな荷物でも収納できる十分なスペースを確保することで快適な旅を提供します。
*「ESP®」は Daimler AG の登録商標です。

file

展示車主要諸元 
■ローザ(観光仕様)
●車両型式: BE740G
●エンジン型式:4P10(T6)
●エンジン排気量:2.998L
●エンジン最高出力:129kw(175ps)/ 2,860rpm-3,500rpm
●エンジン最大トルク:430N・m(43.8kgf・m)/ 1,600-2,860rpm    
●トランスミッション:6段AMT (DUONIC2.0)
●乗客数:16名(座席:14名+乗務員:2名)

5. 小型救助用トラック「ATHENA」(参考出品車)- 屋外展示コーナー(OPEN ROAD)

MFTBCのベストセラー製品である小型トラック「キャンター」の4輪駆動車をベースに、実際に救急救助を担う国士舘大学の防災・救急救助総合研究所と共に、災害時の悪路で活躍する車両をイメージしました。「キャンター」のプラットフォームの汎用性を実証すると同時に、救助および緊急サービスの具体的なニーズに対応しています。

file

ブース限定商品

MFTBCブースではスケールモデル、ポロシャツ等の限定グッズの販売を行います。

file

テディベア (Mサイズ/Sサイズ)

file

 「スーパーグレート」ダイキャストモデル

Follow us on social media:

https://www.facebook.com/FusoOfficial
http://www.youtube.com/Fusoofficial

SHARE ON SOCIAL MEDIA

閉じる