すみません、何も見つかりませんでした。

四国三菱ふそう、阿南サービスセンターを移転

 

• 好立地への移転と設備増強により、お客様の満足度を向上
• 最新の整備機器や照明・空調設備を導入し、従業員の業務効率を改善

 

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:カール・デッペン、以下MFTBC)の特約販売会社である四国三菱ふそう販売株式会社(本社:香川県高松市、代表取締役社長:木村 公信、以下、四国三菱ふそう)は、阿南サービスセンターを徳島県阿南市宝田町平岡から同市那賀川町工地に移転し、2022年1月5日(水曜日)より新店舗での営業を開始します。

四国三菱ふそうは四国地区に10拠点を展開しており、阿南サービスセンターは徳島県南部に位置し、阿南市、小松島市、勝浦郡、那賀郡、海部郡をカバーしています。近年、入庫車両の増加による工場キャパシティーの不足や設備の老朽化が課題となっていたことから移転を決定し、2020年12月から新店舗の工事に着手、このほど工事が完了しました。

当該地は、主要幹線道路である国道55号沿いに位置し、近隣では唯一の商用車整備工場となることから、現地の整備需要にお応えできる好立地です。敷地は、従来の6倍近い約8,300平方メートルの面積を確保し、設備体制は、4柱リフトを2基、2柱リフトを3基、フロアリフトを1基設置し、総ストール数を3から6に増やしました。洗車場も新設し、お客様により満足していただける体制を整えております。

従業員の職場環境を改善すべく、整備工場にLED照明や冷暖房設備を導入しました。また太陽光パネルやバイオ処理システム設備を整えることにより、環境にも配慮しています。同センターは将来予想される南海トラフ巨大地震発生時の地域住民の一時避難所となっているため、事務所棟はいつでも避難を受け入れられる構造としました。

「このたび、弊社阿南サービスセンターを移転・拡張し、グランドオープンすることとなりました。本プロジェクトにご支援いただいた関係者の皆様に心より御礼申し上げます。お客様や弊社従業員にとって安心・安全で快適な空間を追求した、最新鋭の工場となりました。地域に密着した販売・アフターサービスをご提供し、地域の発展に貢献できる企業、徳島県下でNo.1のディーラーを目指して、弊社一同取り組んで参ります」

(四国三菱ふそう販売株式会社 代表取締役社長 木村 公信)

 

【阿南サービスセンター 概要】

名称 四国三菱ふそう販売株式会社 阿南サービスセンター
住所 〒779-1236 徳島県阿南市那賀川町工地227番1
電話番号 0884-21-2801
営業時間 9時00分~17時30分
定休日 土・日・祝日
業務内容 三菱ふそう製トラック・バスの販売 並びに 上記各種製品に伴う整備 および 部用品販売
ストール数 整備ストール:6、洗車場:1、完成検査場:1

【新店舗の外観】

【整備ストール】

三菱ふそうトラック・バス株式会社について

三菱ふそうトラック・バス株式会社(MFTBC)は、ダイムラートラック社が89.29%、三菱グループ各社が10.71%の株式を保有し、川崎市に本社を置く商用車メーカーです。85年以上の長い歴史を持つFUSOブランドの、小型、中型、大型トラックやバス、産業用エンジンを含む製品を世界170以上の市場向けに開発・製造・販売しています。2017年、初の量産型電気小型トラック「eCanter」を市場に導入し、2019年には、日本の商用車市場のベンチマークとなる、SAEレベル2相当の高度安全運転技術を搭載した大型トラック「Super Great」を商用車メーカーとして初めて日本に導入しました。MFTBCは、ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社(DICV)とともにダイムラー・トラック・アジアの一員として、製品開発、部品調達、生産などの分野で協力し、お客様に最高の価値を提供しています。