1932(昭和7)年 旧三菱造船(株)神戸造船所でB46型ガソリンバス完成、「ふそう」と命名
1934(昭和9)年 三菱造船株式会社は三菱重工業株式会社に社名変更
1937(昭和12)年 神戸造船所の自動車事業を東京製作所へ移管
1949(昭和24)年 ふそう自動車販売株式会社を設立
(昭和27年三菱ふそう自動車株式会社と 社名変更)
1950(昭和25)年 三菱重工業は3社に分割され、東日本重工業株式会社、中日本重工業株式会社、
西日本重工業株式会社として発足
1952(昭和27)年 中日本重工業株式会社は新三菱重工業株式会社、西日本重工業株式会社は
三菱造船株式会社と社名変更
東日本重工業株式会社は三菱日本重工業株式会社と社名変更
1957(昭和32)年 東京製作所と川崎製作所を統合、東京自動車製作所を設置
1964(昭和39)年 三菱日本重工業株式会社、新三菱重工業株式会社、三菱造船株式会社の3社が
合併し、三菱重工業株式会社として発足
三菱ふそう自動車、新三菱自動車販売が合併して、三菱自動車販売株式会社として発足
1970(昭和45)年 米国のクライスラー・コーポレーションと合弁事業に関する基本契約締結
三菱自動車工業株式会社設立
1975(昭和50)年 東京自動車製作所中津工場新設
1980(昭和55)年 喜連川研究所を開設
1982(昭和57)年 「ふそう」誕生50周年
1984(昭和59)年 新生・三菱自動車工業株式会社発足
1985(昭和60)年 三菱商事株式会社と共同出資で米国にトラック販売会社設立
1993(平成5)年 クライスラー社との資本提携解消
1999(平成11)年 スウェーデンのABボルボ社とトラック・バス事業における資本・業務提携契約を締結。ABボルボ社が5%の株式を取得
2001(平成13)年 トラック・バス事業における戦略的提携パートナーをABボルボ社からダイムラー・クライスラー社に変更
東京製作所をトラック・バス生産本部(対外的呼称は川崎製作所)と名称変更
2003(平成15)年 三菱ふそうトラック・バス株式会社設立
出資比率はダイムラー・クライスラー社43%、三菱自動車工業株式会社42%、
三菱グループ各社15%
2004(平成16)年 三菱自動車工業株式会社保有株の一部をダイムラー・クライスラー社へ売却
出資比率はダイムラー・クライスラー社65%、三菱自動車工業株式会社20%、三菱グループ各社15%
2005(平成17)年 当社リコール・品質問題から生じた財務的にこうむった損害に係わるダイムラー・クライスラー社への賠償問題で合意案の一部として、三菱自動車工業株式会社が保有する当社株式の残り20%をダイムラー・クライスラー社へ譲渡
出資比率はダイムラー・クライスラー社85%、三菱グループ各社15%
2006(平成18)年 3月1日:国内連結対象販売会社26社を三菱ふそうトラック・バス株式会社へ統合
4月1日:ふそうエンジニアリング株式会社を三菱ふそうトラック・バス株式会社へ統合
12月1日:本社を新川崎へ移転
2007(平成19)年 「ふそう」誕生75周年
2008(平成20)年 7月:公式野球部活動休止
2009(平成21)年 7月:ふそうテクニカルサービス株式会社を三菱ふそうトラッ ク・バス株式会社に統合
2011(平成23)年 1月:ダイムラー社から300億の第三者割り当てによる増資を実施
資本金は350億円、出資比率はダイムラー社 89.29%、三菱グループ各社10.71%に変更
2012(平成23)年 「ふそう」誕生80周年