margin margin
イベント
イベントトップページ
margin sp
イベント情報
「川崎国際環境技術展2012」に小型電気トラック「キャンター E-CELL」を出展
Margin
「「川崎国際環境技術展2012」に小型電気トラック「キャンター E-CELL」を出展 margin 川崎市の小中学生を対象とした環境技術に関する出前授業では、電気自動車に関する質問が出たりと、環境への理解を深める良い機会となりました。 margin 川崎市の小中学生を対象とした環境技術に関する出前授業では、電気自動車に関する質問が出たりと、環境への理解を深める良い機会となりました。 margin 車両の展示以外には、商品の説明会や普段一般公開していない小型、中型、大型のトラックを製造する川崎工場の見学会を行いました。
「川崎国際環境技術展2012」に小型電気トラック「キャンター E-CELL」を出展
  開催日時:2月10日(金)〜11日(土)
  開催場所:とどろきアリーナ(神奈川県川崎市)
 
margin 当社からは、昨年の東京モーターショーに展示した小型電気トラックのコンセプトモデル「キャンター E-CELL」を出展しました。
2月10日(金)と11日(土)の二日間、とどろきアリーナ(神奈川県川崎市)にて「川崎国際環境技術展2012」が開催されました。
「川崎国際環境技術展2012」は、川崎市の環境への取り組みや、国内外の企業が有する優れた環境技術の情報を発信し、産業交流や国際貢献の推進を目的として、2008年より毎年開催されているイベントです。海外からの来場者も多く、今年は過去最多の約13,500人の来場者数となり、大盛況のうちに閉幕しました。
当社からは、昨年の"第42回東京モーターショー2011"に展示し、商用車としては初の小型電気トラックのコンセプトモデル「キャンター E-CELL」を出展しました。
乗用車での電気自動車の普及により、商用車での電動化に興味を持つ方も多く、開発状況について多くの質問がありました。
車両展示の他に、川崎市の産業技術を実感する「体験型ツアー」として小型、中型、大型のトラックを製造する川崎工場の見学会を行いました。
また、川崎市の小中学生を対象とした環境技術に関する出前授業も実施。そこでは、電気自動車に関する質問が出るなど、当社の環境に対する取り組みを理解して頂く良い機会となりました。
小型電気トラックコンセプトモデル「キャンター E-CELL」
同車は、走行時に排出ガスやCO2を排出しない「ゼロ・エミッション」のコンセプトモデルで、地球環境を極限まで考えた電気(EV)トラックです。

Social Bookmarks


sp