大中型バスのスタータモータ取り付けについて
スタータモータのB端子ターミナルとM端子ターミナルが接触しアーク放電が発生して、B端子グロメットが溶損した事例があります。スタータモータ取り付けの際には、下記に従いB端子ターミナルを取り付けて頂きますようお願い致します。


■対象車型 (6M60型エンジン搭載、5.5kWスタータモータ装着車)
99〜02年型MJ車
99〜14年型MK車、MM車
10〜14年型MP車


■スタータモータ後方視 (本図は、10年型以降エアロスター MP車 11年型以降エアロミディ MK車 10年型以降エアロエースMM車を示す)
スタータモータ後方視


■スタータモータ取り付け時留意点1.B端子に取り付けるスタータリレーハーネスのターミナルとB端子ターミナルのカシメ向きを確認し、平らな面を合わせる。(下図参照)
スタータモータ取り付け時留意点 1 説明図


2.スタータリレーハーネスをカシメ部が、B端子ターミナルと重ならないようにずらして取り付ける
スタータモータ取り付け時留意点 2 説明図


3.B端子ナットを規定トルク(10〜12.5N・m)で締め付け後、B端子ターミナルと隔壁の間に板厚2mmの板を挿入し、B端子ターミナルと隔壁に
  隙間があることを確認する。
スタータモータ取り付け時留意点 3 説明図


「安心して、安全に、お使いいただくために」 TOPページへ