お客様へのお知らせ


  大型トラック・バス(新長期排出ガス規制車)尿素SCRシステムへの自主対応について

昨年、中央環境審議会自動車排出ガス専門委員会の調査にて尿素SCRシステムを搭載した弊社製新長期排出ガス規制適合車の使用過程車より、窒素酸化物(NOx)の排出量が規制値を超過する事例が判明いたしました。この事例を受け管下に設置された「排出ガス後処理装置検討会」におきまして、原因究明等のご調査を頂いてきたところです。
弊社は、大気環境改善のための自動車排出ガス低減対策に従来から積極的に取り組んでおり、上記検討会における調査にも全面協力して参りました。
今般、検討会の中間報告におきまして、同システムに対し未燃の炭化水素(HC)の触媒への付着を解消することが有効であるとの結論が出されました。弊社におきましては、この結果を踏まえ、環境への影響を考慮し、下記の自主対応を行うこととしました。
つきましてはお客様には、ご迷惑をお掛けしますことをお詫び申し上げますとともに作業実施におきましてはご理解、ご協力をお願いいたします。
弊社におきましては、今後とも環境に配慮した対応を最優先に取り組んで参ります。

なお、自主対応の内容につきましては、下記の通りです。



1.該当車両 新長期排出ガス規制適合 大型トラック「スーパーグレート」、
大型観光バス「エアロクィーン・エアロエース・エアロキング」、
大型路線バス「エアロスター」、「エアロスター-S」
(2007年4月〜2010年8月登録分)
2.実施内容 お客様の車両について、尿素SCRシステムへの未燃HCの付着を解消する昇温作業を車両点検の機会などを利用し実施致します。
3.開始時期 2013年7月頃を目途に、準備が出来次第、お客様へ販売会社からの連絡などによりお知らせいたします。その後に作業実施の予定です。
4.問い合わせ先 最寄りの三菱ふそう販売店または、
三菱ふそうお客様相談センター  0120-930-397
(受付時間 月曜〜金曜 9〜12時 13〜17時)


「安心して、安全に、お使いいただくために」 TOPページへ