すみません、何も見つかりませんでした。

    • Canter

      小型

      キャンター

      ビデオを見る
      キャンター
    • Canter

      小型

      キャンター

      キャンター
    • Canter

      小型

      キャンター

      キャンター
  • コンセプト
  • 製品情報
  • バリエーション
  • 2WD-4WD

    アクセル コンフィグレーション

  • 81-129kW

    最大出力

  • 430Nm

    トルク

ハイライト
  • ABA®4
  • アクティブ・サイドガード・アシスト
  • 車両安定性制御装置 (ESP®)
  • インテリジェント・ヘッドライト・コントロール
  • タイヤ空気圧監視システム

GVW 7.5t超車両の排出ガス規制対応 2019年モデル

2019年型キャンターでは、GVW(車両総重量)7.5t超車両の排出ガス規制に対応した変更を行いました。
該当車両には改良型4P10(T6)エンジンを搭載し、平成28年排出ガス規制(2016年規制)に適合しています。

エコロジー

エコノミー

より運転しやすく、より経済性に優れたトラックをお届けするために

トルコン式ATのイージードライブと、MTの省燃費性をハイレベルで引き出すデュアルクラッチ式AMT「DUONIC 2.0」を採用。仕事の効率化を促進するさまざまな機能に加え、さらなる省燃費がはかれる「エコモード」も装備。また安心、スムーズに坂道発進を行える、ヒルスタートアシスト機能EZGOを新採用しています。また、トップクラスの省燃費性能により、全車平成27年度重量車燃費基準をクリア。「低排出ガス車認定車(NOx & PM 10%低減)との組み合わせで、エコカー減税の対象となりました。とくに平成27年度重量車燃費基準+15%を達成したエコハイブリッド車は全車が新エコカー減税の「免税」となりました。

コックピット&インテリア

ブラックとシルバーを基調とする、ラグジュアリーな内装へ一新。落ち着きある室内が、運転にゆとりをもたらします。また、仕事がはかどる工夫を随所に散りばめ、プロ仕様の室内を実現しています。


BlueTec® テクノロジー

経営のニーズに応え、収益の向上に貢献するためにキャンターでは3つの先進技術を融合したBlueTec®テクノロジーを導入。優れた省燃費と環境性能を実現するとともにCO2排出量も低減しています。

4P10 (T2) 130PS
Max. Power: 96kW (130PS)/2,130rpm
Max. Torque: 430N.m
(43.8kgf.m)/1,600-2,130rpm

4P10 (T1) 110PS
Max. Power: 81kW (110PS)/2,130rpm
Max. Torque: 430N.m
(43.8kgf.m)/1,600rpm

4P10 (T4) 150PS
Max. Power: 110kW (150PS)/2,440rpm
Max. Torque: 430N.m
(43.8kgf.m)/1,600-2,440rpm

4P10 (T6) 175PS
Max. Power: 129kW (175PS)/2,860rpm
Max. Torque: 430N.m
(43.8kgf.m)/1,600-2,860rpm


BlueTec®排気後処理装置

エンジンから排出されたNOxを低減するために、信頼性のあるBlueTec®排気後処理装置を採用しました。
BlueTec®の詳細に関して

再生制御式DPF

PMを大幅に低減する再生制御式DPFを採用。Ivis内でのDPF情報の表示、再生インターバルの延長、オイルダイリューションの抑制など実用性も磨き抜かれました。


DUONIC 2.0

より運転しやすく、より経済性に優れたトラックをお届けするためにトルコン式ATのイージードライブと、MTの省燃費性をハイレベルで引き出すデュアルクラッチ式AMT「DUONIC 2.0」を採用。

仕事の効率化を促進するさまざまな機能に加え、さらなる省燃費がはかれる「エコモード」も装備しています。

スムーズな加速

変速ショックのないシームレスな加速感を実現。

クリープ機能

微速走行時の速度コントロールもブレーキ操作だけでOK。

Pレンジ

Pレンジ装備のシフトパターン採用により駐車時も安心。

ヒルスタートアシスト機能を新採用

DUONIC2.0搭載車には、坂道発進時のずり下がりを抑える「ヒルスタートアシスト機能」を搭載。ブレーキペダルから足を離しアクセルペダルを踏むまでの間、一時的なブレーキ力を保持します。

インテリア

毎日の稼働をより快適にするために運転しやすく、仕事がしやすい。
そこからドライビングのゆとりが生まれる。キャブデザインには、細部にわたり安全稼働への思いが込められています。

洗練を極めたインテリア

洗練を極めたインテリア

座り心地がよく、疲れにくい運転席

座り心地がよく、疲れにくい運転席シート

機能的で豊富な収納


安全性

日々の仕事をより安全に、軽快にすすめるために安心の走りをサポートする先進的な安全性能を充実させました

キャンタートータルセーフティ/詳細情報

カタログPDF

衝突被害軽減ブレーキ

(Advanced Emergency Braking System/以下AEBS)※1

フロントバンパーに搭載した高精度ミリ波レーダーが、前方の走行車両または静止車両、さらに歩行者※2を検知。衝突
の危険を察知すると、その時々の車間距離や走行状況に応じて、ドライバーに警報を発し、ブレーキを自動的に作動※3。衝突回避や衝突被害軽減の支援を行います。なおAEBS作動中は、メータークラスター内のIvis(マルチ情報システム)表示で警告し、さらにウォーニングランプが点滅します。

※1:車両総重量7.5t超車、高床4WD車、ハイブリッド車を除く全車に標準装備。
※2:動いている人のみ検知します。 ※3:作動には一定の条件があります。


車線逸脱警報装置(Lane Departure Warning System/以下LDWS)

 

高速道路等でウインカー操作を行わず、車両が車線を逸脱した場合、白線認識カメラ2がその逸脱を検知。ドライバーにブザーとメータークラスター内のIvis(マルチ情報システム)で注意を喚起し、安全走行をただちに促します。また、LDWSカットスイッチ入や故障など、LDWSが機能していないことを知らせるウォーニングランプも設置しています。
1:車両総重量7.5t超車、ハイブリッド車を除く全車に標準装備。
2:黄線も認識します。*車速が60km/h以上になると作動します。
LDWSは安全運転を補助するもので、居眠りやわき見運転を可能にする装置ではありません。また、降雪、積雪、冠水、逆光の時など白線や黄線が認識できない時および雨や霧などの視界不良時の運転の補助はできません。周囲の状況に応じてハンドル操作を行い、安全運転を心がけてください。


車両安定性制御装置 (Electronic Stability Program/以下ESP®)

車両姿勢を常にセンサーで感知。カーブでの横滑り、横転等の危険性が生じた場合、エンジン駆動力や、4輪のブレーキ力を最適に制御。車両姿勢を適正な状態にして、横滑りや横転の危険を回避できるようサポートします。また、ESP®カットスイッチを設置し、作動をキャンセルすることも可能。ESP®OFFウォーニングランプも備え、作動OFF状態や故障をドライバーに明確に知らせま


ABS+EBD

ABSの機能に、空車・積載時にかかわらず前後輪の制動力配分を最適にコントロールして安定したブレーキ力を確保するEBDをプラスしました。
ABSは、あくまでもドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。したがって、ABS非装着車と同様に、カーブ等の手前では充分な減速が必要であり、ムリな運転までは制御できません。安全運転をお願いします。

EBD:Electronic Brake Force Distribution(電子制御制動力配分システム)


ブレーキオーバーライドシステム

フェールセーフ(誤操作回避)のひとつとして、アクセルペダルを踏んだままブレーキペダルを踏んだ際には、ブレーキを優先させる制御システムを採用しました。

*先にブレーキペダルが踏まれた状態でアクセルペダルを踏んだ場合は、特別な制御は行いません。

ボデーバリエーション

カーゴ/ダブルキャブ

PDF (2019年モデル)

ドライバン/保冷・冷凍

PDF (2019年モデル)

グレード

スタンダード

スタンダード

カスタム

カスタム

リソース