すみません、何も見つかりませんでした。

    • 次世代eCanter

      電気小型トラック

      物流の未来をつなぐ、
      新しい力を。

  • 紹介
  • 充電方法
  • 安全性
  • 快適性
  • バリエーション
  • eモビリティ

*撮影用特別仕様車です。

INTRODUCTION

物流の未来をつなぐ、新しい力を

2017年の誕生から5 年。 日本初の量産小型EVトラックeCanter®が、大きな進化を遂げて登場。ゼロ・エミッション輸送を実現した環境性能はもちろん、ボデーバリエーションの大幅な拡張や航続距離のさらなる向上により、ますます多様な物流のニーズに対応できるようになりました。いよいよ本格的なe モビリティの時代へ。eCanter は次世代ロジスティクスをリードする脱炭素化トラックのパイオニアとして、地球の未来に向けて走り続けます。

※2022年8月当社調べ  *eCanter®は三菱ふそうトラ ック・バス株式会社の登録商標です。 


NEW BATTERY

ホイールベースに合わせて、3タイプのバッテリーを設定。



NEW EXTERIOR

新世代EVにふさわしい、印象的な外観デザイン。

三菱ふそうが代々受け継いできた伝統的なデザインモチーフ、ブラックベルトをフロントマスクに配した力強く精悍な表情。 EVのキーカラーであるオレンジ・ブルーとの組み合わせで、新世代のEVトラックにふさわしい先進感のある印象的な外観に仕上げました。

DRL 付LED ヘッドライト

長寿命化に加え、白く明るい光で夜間の視界を向上させるLEDヘッドライトを標準装備しました。さらに、デイタイムランニングライト(DRL)も標準装備。昼間の運転でも常時点灯し、安全走行をサポートします。

* ハロゲンヘッドライトをオプションでご用意しています。

LEDリヤコンビネーションランプ

ストップランプ、テールランプ、ターン(方向指示)ランプ、バックランプ。多機能をひとつにまとめた、一体感ある洗練されたデザインのランプを標準装備。後続車の目を引くゆとりある光量で、高い視認性を実現しています。


車両情報を把握してビジネスに活かす、トラックコネクト。

Truckonnect®は、稼働中の車両情報をインターネット経由でリアルタイムに確認できます。トラックが発信する情報は、FUSOデータベース(クラウド)に蓄積。お客様はPCやスマートフォンで、車両の現在地や運行状況を把握できます。例えば、車両トラブル時のスピード対応、業務効率の改善、危険運転の予防など、ビジネスシーンで幅広く活用できます。

車両の位置・軌跡
状況把握

安全運転情報

電費情報

車両管理

遠隔診断

エリア管理機能

コネクティビティー技術にEV車両特有の機能を追加

次世代「eCanter」に合わせて、MFTBCのテレマティクスサービス「Truckonnect®(トラックコネクト)」もEV特有の新たな機能を追加しました。現行モデルでダッシュボードに表示される残走行距離表示「eRange」や、新品と比べて残っているEVバッテリーの容量が、トラックコネクトでも表示できるようになります。また、最も電力料金が安い時間帯にタイマーをセットして充電できる「充電管理システム」機能も追加しました。

* 充電管理システムはオプション設定となり、フルメンテナンスパッケージへの加入が前提となります。

*トラックコネクト用通信端末を全車に標準装備。 *テレマティクスによる各種サービスは専用コールセンター(Customer Assistance Center: CAC)が24 時間365日対応します。 *トラックコネクトをご使用になる際は、三菱ふそうへのお申し込みが必要です。申し込み後に発行されるアクセス用IDとパスワードを三菱ふそうよりお客様へご連絡後、お客様のPCやスマートフォンからご利用が可能となります。詳しくは最寄りの三菱ふそう販売店にご相談ください。 *Truckonnect®は三菱ふそうトラック・バスの登録商標です。

CHARGING

普通充電と急速充電、どちらにも対応

eCanter は、普通充電と急速充電の2 つの充電方法に対応。車両右側に両方式の充電コネクターを装備し、プラグをつなぐだけで簡単に充電できます。トラック運用の環境・条件に応じて、「普通」「急速」どちらもすぐに利用できます。

より効率良く、快適に。EVならではの機能が充実。

回生ブレーキ

エネルギー効率を高めるための回生ブレーキをシフトレバーと一体化。制動力は、回生無しから強回生までの4 段階に。電費の向上とイージードライブに大きく貢献します。

* 標準装備

バッテリープリコンディショニング

冬期や寒冷地でも走行開始時のエネルギー消費を節約できるよう、出発時刻に合わせてタイマーをあらかじめセットし、AC充電時にバッテリーを予熱しておくことが可能です。

* 標準装備

外部給電機能

車載バッテリーからパワーステーションを介して外部給電が可能です。災害時や緊急時などには、社会への貢献が可能です。

* 標準装備

SAFETY

人と社会を守るために、
一歩進んだ安全装置を新たに標準装備。

衝突被害軽減ブレーキ
(ABA®5:Active Brake Assist 5)

障害物への衝突の危険が迫った時に、ブレーキが自動的に作動してドライバーを支援。レーダーやカメラシステムと連携することにより、車両前方の空間をより正確に監視し、路上の歩行者への対応精度が向上しました。


巻き込み防止機能
(Active Sideguard Assist® 1.0)

左折時や左車線へ車線変更する時に、車両の通過範囲を予測して障害物をレーダーが検出。警報ランプで注意を促し警告。さらに危険度合いが増すと被害軽減ブレーキが作動します。運転時の死角になりやすい車両左側を監視して、巻き込み事故のリスクを低減させます。

ドライバー注意監視システム
(Active Attention Assist®)

白線認識カメラや各種センサーからの情報に加え、顔認識カメラを搭載。顔の動き、左右のわき見や眼の開閉状態を感知して、運転注意力の低下をブザーと画面表示で警告します。

* オプション設定

インテリジェント・ヘッドライト・コントロール
(IHC)

フロントガラスに搭載されたカメラが前方の車両や対向車、街路灯を認識し、ハイビームとロービームを自動で切り替えます。 また、30km/h 以下になると自動的にロービームに切り替わります。

交通標識認識機能
(TSR)

フロントガラスに搭載されたカメラが交通標識を認識してメーター画面に表示、安全運転をサポートします。
認識する標識:制限速度/追越禁止/一時停止

その他にも、安全運行をアシストする数々の先進機能を標準装備。

電動パーキングブレーキ(EPB) 軽い操作で、坂道などでも安定した制動力を保持。

バックアイカメラシステム バックカメラによる確認で後退時の事故を回避。

車両安定性制御装置(ESP®:Electric Stability Program) カーブでの横滑りや横転の回避をサポート。

車線逸脱警報装置(LDWS) 高速道路などで、車線からの逸脱を速やかに警告。

車両接近通報装置(AVAS) 車両が接近していることを音で歩行者にお知らせ。

NEW INTERIOR

快適なドライビングのために、内装をアップグレード。

インテリアの随所にキーカラーのオレンジを配し、機敏性やアクティブなイメージを表現。さらに、ステアリングスイッチと連動した10 インチディスプレイのフル液晶メーター。タッチスクリーンに対応したセンターディスプレイのナビゲーション、Bluetooth®対応の通話・音楽システムなど、洗練されたカラーリングとともに、快適なドライビングのための先進機能を装備しました。

* Bluetooth®ワードマークおよびロゴは登録商標であり、Bluetooth SIG, Inc.が所有権を有します。
三菱ふそうトラック・バスは使用許諾の下でこれらのマークおよびロゴを使用しています。


省エネ暖房

省電力のためのステアリングヒーターとシートヒーターを新たに追加。さらに、ウインドシールドヒーターによるデフロスト機能を新規設定しました。

* オプション設定

回生ブレーキ

エネルギー効率を高めるための回生ブレーキをシフトレバーと一体化。制動力は、回生無しから強回生までの4 段階に。電費の向上とイージードライブに大きく貢献します。

* 標準装備

BODY VARIATIONS

このEV が、日本の「運ぶ」を変えていく。

バッテリー性能をさらに強化し、航続距離を大幅に延長。物流の世界にも、いよいよ本格的にEVの時代がやってきました。三菱ふそう伝統のブラックベルトを身にまとい、精悍な表情で走り始めた新型eCanter。物流の未来を、このEVトラックが変えていきます。

ショートホイールベース

ロングホイールベース

超超ロングホイールベース


28 型式の豊富なシャシラインナップで、幅広い用途に対応。

※平ボデーのデータです。


NEW BATTERY

ホイールベースに合わせて、3タイプのバッテリーを設定。